Kazuhiro's blog
ようこそ! Kazuhiro's blog
日曜日, 4月 30 2017 @ 10:00 午後 JST
 記事を友人にメールする 印刷用画面 

EB Library 4.3.2 is released

Lookup

気付くのに遅れましたが、EB Library 4.3.2が公開されました。 UNIX環境において、ファイル名に大文字を含む動画は、小文字に変換しないと読み込めないバグが修正されています。

eblook 1.6.1+mediaのバイナリも更新しました。

タグ:EB Library eblook

 記事を友人にメールする 印刷用画面 

eblook 1.6.1 for Windows

Lookup

アクセスログを見ているとオリジナルのeblook 1.6.1のWindowsバイナリを探している方がいるようなのでメモ。

私が知る限りでは、公開されているeblook 1.6.1のWindows用バイナリとしては、MeadowのNetinstall用にこせきさんがビルドされたもの (バイナリ自体はこちら)と、Naoaki Okazakiさんがビルドされたものが存在します。

いずれもEB Library 4.2.2のWin32用のバイナリに含まれるeb.dllが必要です。 eb.dllのみが欲しい場合は、はこせきさんが公開しているバイバリと同じところか、うちのサイトにあります。

タグ:eblook

 記事を友人にメールする 印刷用画面 

Lookup 1.99の更新

Lookup

SourceForge.netで公開されているLookup 1.99ですが、先程、CVSリポジトリにLookup 1.4, Lookup 1.4+mediaでのマルチメディア拡張等が取り込まれました。 川幡さんによるコミットで、川幡さんが独自に作業された部分も含まれているようです。

ただし、川幡さん自身はEmacs23でしか動作確認していないそうです。 UTF-8なファイルがあるのでそのファイルが読めることは必須条件ですが、Emacs22以前での動作は今のところ不明なようです(私もまだ確認していません)。 Lookup 1.99を使用されている方、試してみたい方はどうぞ。

(2007/07/19 追記) 現在のCVSリポジトリから取得できるものがNTEmacs 22.1で動作するのを確認しました。 ただし、確認といっても広辞苑第五版で検索と図の表示だけしか見ていません。

タグ:Lookup

 記事を友人にメールする 印刷用画面 

eblookとreadline

Lookup

NetBSD環境が使えるようになったのでEmacs, Lookup, eblookとインストールしてみました。

どうもeblookはreadlineを有効にすると動作が怪しくなるようです。 丸山さんのところのように落ちはしませんが、pkgsrcでインストールしたreadline-5.2をリンクすると多くの日本語を含んだ文字の検索ができなくなります。 iconvを外してみたりもしましたが結果は変わりませんでした。 Lookupから使う分には必要のない機能なので、リンクしないという後ろ向きな方法で回避しておく事にしました。

ついでに、BSD makeだとLookupのmakeに失敗することに気がつきました。 こっちはできればどうにかしたいです。

(2007/05/29 追記) BSD makeについてはどうにかしました。 手元の環境ではBSD makeでもGNU makeでもmakeできるようになりました。

(2007/05/31 追記) readlineについてですが、pkgsrcでインストールしたreadlineのライブラリにリンクはしていましたが、ヘッダファイルはシステムに付属のものを読み込んでいたというオチでした。 正しいヘッダファイルを指定すれば問題なく動作しました。 また、NetBSDに付属の(多分)libeditを使用した場合は動作がおかしくなりました。

タグ:eblook Readline NetBSD

 記事を友人にメールする 印刷用画面 

ndestエージェントでWikipedia検索

Lookup

Lookup 1.4+mediaに含まれるndestエージェントHyper Estraierのノードサーバに対して検索をかけられるようにしました。 ndestエージェントのページにも書きましたがHyper Estraierの作者である平林さんがWikipedia検索の(疑似)ノードサーバを公開されていますので、手軽にWikipedia検索がEmacsから行えるようになります。 尚、EmacsとLookup 1.4+mediaとHyper Estraierを全部使えるようにするのが手軽でないという意見は却下です。

と書いたものの、私はMeadow (Windows)で使っている為、日本語を含む単語の検索が(ほぼ)できません。 estcallのsearchサブコマンドにも-icオプションが欲しいところです(とここに書いてもほとんど誰も読まない)。

(追記) Emacs22以降ではestcallを使用せずにノードサーバにアクセスして検索をかけられるようにしました。 これによりWindows環境における制限を回避し、Hyper Estraierを導入しなくても外部のノードサーバに検索をかける事ができるようになりました。

タグ:Lookup Hyper Estraier Wikipedia