Kazuhiro's blog
ようこそ! Kazuhiro's blog
金曜日, 7月 28 2017 @ 01:43 午後 JST

ndsrd-pkg

ndsrdエージェントでビットマップによる外字表示を可能にするパッケージです。 使用にはLookup 1.4+mediaが必要です。 このパッケージに含まれる外字データはかずひこさんが公開されているsrd-fpwからほとんどそのまま流用させて頂いています。

for your download

ndsrd-pkg-20100824.tar.gz

パッケージのインストール、設定

アーカイブに含まれるndsrd-pkg.elと、ndsrd-gaijiディレクトリ以下のファイルを、ディレクトリ構造を保持したままlookup-package-directoryで指定された(した)ディレクトリにコピーして下さい。 それから~/.lookupを変更し、ndsrdの:fmtオプションは同梱のndsrd.fmtを指定し、:gaiオプションは指定しないようにして下さい。 最後に、~/.lookupに以下のような記述を追加します。

(lookup-use-package "ndsrd+srd" "ndsrd-pkg")

インストール後は今まで通りにLookupを使用して下さい。

追加される機能

ビットマップによる外字表示

ndebやndtpエージェントで外字が表示される環境ではビットマップで外字が表示されるようになります。 以下はHero's formulaの項目を表示した例です。 発音記号の一部、公式の根号を含んだ部分、1/2がビットマップで表示されています。

ビットマップで外字が表示された項目の例

face, インデントの設定

標準の状態に比べてfaceの割り当てやインデントの設定を積極的に行うようになります。 Lookup 1.4+mediaを2006/9/2以降のものにしないとインデントのせいで余計に見苦しくなるかもしれません。

更新履歴

2010/08/25 lookup-package-directory以外のディレクトリにあると正しく動作しないのを修正した。 ビットマップイメージがxbmとして正しくないものが多数含まれているのを修正した。

2006/10/0x 公開。

古い履歴


最終更新日: 水曜日, 8月 25 2010 @ 06:09 午後 JST; 8,162 閲覧件数 印刷用画面