Kazuhiro's blog
ようこそ! Kazuhiro's blog
月曜日, 3月 27 2017 @ 09:46 午前 JST
 記事を友人にメールする 印刷用画面 

last-command-event

Lookup

last-command-eventという変数を発見したので、descrie-keyで見てもラムダ式が出てこない実装にできました。

(2006/7/5 追記)
上記のパッチを公開した翌日にはthis-command-keys関数を使った方がよいと指摘を頂きました。なるほど。

タグ:Emacs Lookup

 記事を友人にメールする 印刷用画面 

Lookup sound patchの動画対応

Lookup

白井さんからパッチを頂いてLookup sound patchは動画にもリンクが張られるようになりました。

Entryモードからの音声再生ができるようにキーを設定できるndeb-play-sound-from-entryという変数を用意していたのですが、白井さんのパッチにはこれの動画版が用意されています。更に、画像版も欲しいようでした。一方で私は私でキー一つで動画と音声のリンクのどちらでも再生できるようにしたいと思っていました。私の持っている辞書(広辞苑第五版)は動画と音声が一つの項目に入っているのを見たことがないので、いちいちキーを変えるよりも一つのキーでできた方が便利だからです。
結局、その辺のカスタマイズの為に変数やら関数やらを増やしていくのも好みでは無かったので、キーと再生対象を指定する変数ndeb-play-binaries-from-entryを用意する事にしました。descrie-keyで見るとラムダ式が出てくるのはあんまり嬉しくないですが、組み合わせの数だけ変数やら関数を用意するよりはいいかなと思っています。

タグ:Lookup