Kazuhiro's blog
ようこそ! Kazuhiro's blog
土曜日, 3月 25 2017 @ 10:25 午後 JST
   

opensslの代わりにgnutls-cliを使用する (Wanderlustで)

general

色々あって、gnutls-cliopensslの代わりにも利用することにしました。 元々opensslを利用しているところは私が把握している限りでは2つあって、ひとつはSMTP over SSL/TLSでメールを送信する時で、もうひとつはIMAP4/NNTP/POP3 over SSL/TLSでフォルダにアクセスする時です。

まず、open-tls-stream関数が接続に失敗してもエラーにならない為、失敗した時にエラーになるようなラッパーを用意します。 こうしておかないと、(少なくともフォルダへのアクセスの際に) 接続に失敗すると永遠にリトライし続けます。 adviceでやってもいいような気はしますが、一応元の関数の挙動はそのままにしておきます。

(defun open-tls-stream-with-error (name buffer host port)
  "Wrapper function for `open-tls-stream'.  This raises error when failed to connect."
  (let ((result (open-tls-stream name buffer host port)))
    (if (and (processp result)
  	     (eq (process-status result) 'run))
  	result
      ;; raise error when failed.
      (error "Opening tls stream is failed"))))

次に、SMTP over SSL/TLSの設定です。 Wanderlustへはきれいにadviceをかけにくいような気がしたので、FLIMにadviceをかけています。

;; Use tls.el for smtp over SSL/TLS
(autoload 'open-tls-stream "tls")
(defadvice smtp-send-buffer (around use-tls-hack activate)
  (let ((smtp-open-connection-function
	 (if (eq smtp-open-connection-function 'open-ssl-stream)
	     'open-tls-stream-with-error
	   smtp-open-connection-function)))
    ad-do-it))

最後に、フォルダアクセス用の設定です。 こちらだけを使う場合は、SMTP向けの部分にあるautoloadは不要なはずです。 基本的にはすがわらさんの設定と変わりないですが、前述の通り、open-tls-streamを直接使わない方がよいと思います。

;; Use tls.el for over SSL/TLS folder access
(eval-after-load "elmo-vars"
  '(set-alist 'elmo-network-stream-type-alist "!"
	      '(ssl tls open-tls-stream-with-error)))

ちなみに、Emacs24の場合は、可能ならopen-gnutls-streamを使うといいかもしれませんが、確認はしていません。

タグ:Wanderlust

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ikazuhiro.s206.xrea.com/trackback.php/2011052211434584

opensslの代わりにgnutls-cliを使用する (Wanderlustで) | 0 件のコメント | アカウントの作成
コメントは投稿者の責任においてなされるものであり、サイト管理者は責任を負いません。